フォンブラウンNext
元・模型カフェ『フォンブラウン』のオーナーがつぶやく模型ライフのブログです
プロフィール

SUBARISUTO

Author:SUBARISUTO
2008年9月に大阪の日本橋に誕生した本格的模型カフェ“VON BRAUN”~フォンブラウン~でしたが、2年余りの活動の末に惜しまれつつも閉店となってしまいました。
ここはそんな模型カフェに集まっていた模型仲間たちや、純粋に“模型が好きやねん!” という方たちに向けて模型や模型ライフに関する情報をお伝えしていくブログです。
イベント情報などもいち早くお伝えしていきますので、お楽しみに!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロトプランのその後
今日はついに税務署へ廃業届けを出してきました。 お店を始めるには色々なところに届けを出さないといけないわけですが、閉店するときにもやらなきゃいけないことは結構あったりします。 まぁ、そういうのを何にもしないでどっかへ行っちゃうこともあったりするわけですが・・・・。

というわけで、届けを出したその後で、ある場所へ行ってきました。
実はフォンブラウンを日本橋で出店することを決める前に、そのほかにも候補として考えていた場所がありました。
残念ながら(?)そのテナントは他の業者が先に契約を済ませてしまったわけなんですが、その店舗は以前に見に行った時には居酒屋さんとして営業されていました。

ぶっちゃけた話、どこのどなたが出店されたのかは私の知るところではなかったんですが、なんとなくほぼ同時期に開業したライバル(ってわけでもないんですが・・・)として頑張ってほしいなぁと思っていたりしました。
久しぶりにその周辺を訪れると、日本橋よりもさらに大阪市内中心部なのにもかかわらず、心なしか人通りも少ないような気が・・・・。 まぁ、昼の少し前っていう微妙~な時間帯でもあったんですが・・・・。

10,4
そのテナントのあるとあるマンションに到着してみると、なんとその店はカレー屋さんになっていました。
当然ながらその詳しい経緯を知ることはできなかったわけですが、すごく複雑な心境になってしまいました。
せっかくなのでよっぽどカレーを食べていこうかと思ったんですが、なんせ時間が中途半端だったんで食べることはできませんでした。
あえて場所がどこなのかは書くことを控えさせていただきますが、もしこの写真を見て
『あっ! ココ知ってる!!』
って思った人は、ぜひいちど行ってみてください。

とここで改めて業務連絡を・・・・。
当店で展示させていただいておりました作品で、未だ返却ができていないものがございます。
バルキリーS
パワードスーツS
こちらの2点の作品は同じ方の作品なんですが、退店までに返却ができませんでした。
こちらのブログまでコメントをいただけましたら、改めましてこちらからお聞きしておりました連絡先へご連絡させていただき、返却の手続きをさせていただきますので、大変恐れ入りますがよろしくお願いいたします。

次回の更新はちょっと面白い記事になりますよ、たぶん・・・・(^^)

我がVON BRAUNもブログランキングに参加させていただいております。
もしよろしければ、こちらをポチッとご協力ください。
↓↓こちらをクリックしてください!!
にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ
↓↓こちらもクリックにご協力ください m(_ _)m
スポンサーサイト


コメント

もう2週間ですね。早いな。いろいろ忙しいと思いますが、お元気ですか?(馴れ馴れしくてすみません)

次回の更新への煽りがきになります。いつ位ですかね?
[2010/10/05 08:22] URL | ぱんだ #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://mokeicafe.blog44.fc2.com/tb.php/715-d871cd02
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。