フォンブラウンNext
元・模型カフェ『フォンブラウン』のオーナーがつぶやく模型ライフのブログです
プロフィール

SUBARISUTO

Author:SUBARISUTO
2008年9月に大阪の日本橋に誕生した本格的模型カフェ“VON BRAUN”~フォンブラウン~でしたが、2年余りの活動の末に惜しまれつつも閉店となってしまいました。
ここはそんな模型カフェに集まっていた模型仲間たちや、純粋に“模型が好きやねん!” という方たちに向けて模型や模型ライフに関する情報をお伝えしていくブログです。
イベント情報などもいち早くお伝えしていきますので、お楽しみに!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シリコン型での複製 その1
昨日は久しぶりの雨でしたが、今日は再びいい天気となった大阪です。

さて、私はかつてワンフェスやキャラホビなどのイベントにも何度も参加してきて、ガレージキットなども製作、販売していたりするんですが、ここ数年はそういったことも中断しておりました。
当然ながら(?)シリコンでの複製作業なども足が遠のいていたわけですが、オラザクに向けた作品作りで複製の必要がでてきたもので久しぶりに複製作業をすることにしました。
というわけで、せっかくなんでその過程をちょこっと紹介していきたいと思います。

まず用意するものは油ねんど。 これはホームセンターなどで売っている安いもので充分です。
さらにそれを整形する“のし棒”ですね。 この辺はおいおい紹介していきます。
DSCF2483.jpg

まずは製作する型の大きさとレイアウトをおおまかに決めておきます。 
DSCF2482.jpg

ちなみに型の枠は最近ではブロックなどが発売されていますんで、それを使うと規格がそろうのでオススメです。
次に作業する板の上で粘土を平らにのばします。この大きさは前の作業で決めた型の大きさに枠のサイズを含めた大きさの2回りくらい大きめがいいでしょう。
DSCF2486.jpg
 
注意することは私の場合は以前に何度も使っていた粘土なんでゴミや汚れの多いもので、それを内側に入れながら表面がきれいになるように平らにしていきます。
DSCF2484.jpg

粘土の左右にある板は“たたら板”といって埋め込む粘土の厚みを均一にするためのものです。実はこの板は結構重要だったりします。 
DSCF2485.jpg

次に原型を埋め込んでいくわけですが、今回は流し込む注型というよりもタイヤキのようにオス型メス型にそれぞれレジンを流し込んで、固まる前に型を合わせるというパターンなんで、その分かなり小さめに作ることができます。 インジェクションのプラモデルだってランナーが無ければ(って実際には大量のパーツをランナー無しでっていうのはほぼ不可能ですが)小さな金型になるでしょ? そういうわけです。 
この際に注意しないといけないのはパーティングラインをきれいにすることですね。
当然ながら粘土に原型をそのまま押し込むと、粘土と原型の隙間が直角にならない(説明しづらいなぁ・・・)もので、その出来てしまった隙間にさらにチマチマと粘土を詰めていきデザインナイフやらスパチュラなどで綺麗にしていきます。
埋め込むコツなどはそれこそ原型の形によって千差万別なんで、お店で質問いただければ出来る限りアドバイスさせていただきますんで、お気軽にご質問くださいね。
埋め込む作業が終われば、離型剤を“粘土にだけ”(←ここ重要!)塗っていきます。粘土にだけ塗るわけですから、当然筆で塗っていきます。
DSCF2488.jpg

この離型剤も10年以上前に買ったものなんですが、まだ半分以上残っているんで、おそらく一生ものですね(爆) 
DSCF2479.jpg

なぜ粘土にだけ塗るのかといえば、原型にはシリコンが密着しないとダメだからです。 ちなみに原型はシリコンが固まれば離型剤が無くても綺麗に外れるのでご安心を。 離型剤が塗り終わったら、オス型とメス型がずれないためのダボ穴を作ります。 この作業も大変重要です。 これは粘土造形用具セットに入っていたノック棒を使っていますが。それが型の四方にある穴です。

ここまで来たら、初めに作ったブロックの型を乗せてみます。 それから再び離型剤を今度は型の内側に塗ります。 粘土と型の隙間や、ブロックを組み立てた隙間なんかにも離型剤を塗りこんでおくと良いでしょう。 でないとその隙間にシリコンが入っていきますので、後々の処理が厄介になるからです。 
これで準備完了です。 いやぁ・・・、長かった・・・・(笑)
というわけで、かなり長くなるんで、続きはまた明日。

ね、こんな講習、お店では出来ないでしょ?(^^;

我がVON BRAUNもブログランキングに参加させていただいております。
もしよろしければ、こちらをポチッとご協力ください。
↓↓こちらをクリックしてください!!
にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ
↓↓こちらもクリックにご協力ください m(_ _)m
スポンサーサイト


コメント

こんにちは!

写真入りで、めちゃわかりやすいです!!
タイ焼きなんで、手軽?っていうか、少しの複製に役立ちます!

たしかに店では、できないですよね・・・

続き、楽しみにしてます!!
[2009/04/22 13:52] URL | geek #e6mArcUg [ 編集 ]

http://mokeicafe.blog44.fc2.com/blog-entry-1.html
タイヤキ型は時間とタイミングの勝負なんで、正直あまりオススメはできないんですが・・・・(^^;
[2009/04/22 14:08] URL | スバリスト #X.Av9vec [ 編集 ]

はじめまして
何回もきてますが初コメントです。
geekさんのとこからきました。(^o^)/

ワンフェスとかも出店してるんですかー。
エキスパートですね。(^^)
ウチでもブロック使ってます。
今思えば規格がそろうってのは利点ですよね~。
今、ウチでも複製について書いてます。
フォンブラウンさんとこ見たいに写真説明はないですが。
複製作業より、むしろ説明がむずかしいです。
5回目になってしまいました。(- -;)

模型のある喫茶店いいですね。
いってみたいです。
埼玉にもそんなお店あればな~と思ってます。(^o^)/

[2009/04/23 00:02] URL | チアキ #- [ 編集 ]

http://mokeicafe.blog44.fc2.com/blog-entry-1.html
>チアキさん

ようこそです。 模型好きが集まってワイワイ出来る場所があればと始めた模型カフェですが、なかなか難しいですね(^^; まだまだ知名度も低いんで、あっちこっちでまた宣伝してやってください(^^)

型取りのレポートは写真を取るのば面倒なんですよね。 手も汚れているし、それどころじゃないっていうのが本音ですよね(^^;
[2009/04/23 18:34] URL | スバリスト #X.Av9vec [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://mokeicafe.blog44.fc2.com/tb.php/213-e72b8a6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。