フォンブラウンNext
元・模型カフェ『フォンブラウン』のオーナーがつぶやく模型ライフのブログです
プロフィール

SUBARISUTO

Author:SUBARISUTO
2008年9月に大阪の日本橋に誕生した本格的模型カフェ“VON BRAUN”~フォンブラウン~でしたが、2年余りの活動の末に惜しまれつつも閉店となってしまいました。
ここはそんな模型カフェに集まっていた模型仲間たちや、純粋に“模型が好きやねん!” という方たちに向けて模型や模型ライフに関する情報をお伝えしていくブログです。
イベント情報などもいち早くお伝えしていきますので、お楽しみに!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



カレンダー

01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

論理と実践
早いもので今日で2月もおしまい。 そろそろ花粉症の人には憂鬱な季節となりそうです・・・・。

というわけで、今月も模型誌を買ってきましたよ。  2冊だけですが・・・・(^^;
DSCF1809.jpg
ホビージャパンとモデグラの2誌なんですが、来月の電撃ホビーにはジム改の改造パーツ(ってややこしいなぁ・・・・笑)が付いてくるみたいなんで、買ってみようかな?・・・・といってもそのMSが登場する小説は全く読んでないんですけどね(^^;

そんな今月のモデルグラフィックスに興味深い記事が特集されています。 塗装のテクニックに関する記事が実は今月の電撃ホビーに掲載されているんですが、そんな技術的な塗装に関する特集ではなく、どういう色をどこにどうやって配置すれば模型として映える作品ができるのかという特集です。 はっきり言ってかなり難しい話です(汗;
DSCF1813.jpg
基本的に模型っていうのは本物が存在していて、それを忠実に、あるいはそれらしく再現していくものなんですが、ガンプラ・・・・っていうかキャラクター物に関して言うと、そういう“縛り”の無い作品作りが可能です。

しかしそれゆえに逆にどうやって制作すればいいのかわからないっていうのが、模型を作り続けている人ほど悩んでしまうということも多いんですよね。 
『趣味で作っているんだから、好きに作らせてくれ!』っていうのも“ごもっとも”な意見なんですが、とはいっても“しっくりくる色使い”とか“それっぽく見える配色”っていうのが存在するっていうのも事実です。
今月のモデグラは、それを“どんどん模型を作って上達しましょう”っていうのではなく、“きちんと色に関する知識を覚えて実践しましょう”っていう特集なんですが・・・・・・・・難しすぎます・・・・(汗;

アートやグラフィック(モデルグラフィックス誌だしね)的なアプローチで模型を作ってみませんか?っていうことなんでしょうが(違う?)、こういうことを無意識に実践できるようになれば、切った、貼ったの大掛かりな改修を必ずともやらなくても(最近の模型はハズレも少ないしね)見ている人の心を引きつけるような作品が作れるのかもしれませんね。 今月のモデグラも保存版になりそうですよ。

我がフォンブラウンもブログランキングに参加させていただいております。
もしよろしければ、こちらをポチッとご協力ください。
↓↓こちらをクリックしてください!!
にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ
↓↓こちらもクリックにご協力ください
スポンサーサイト
無計画の末に・・・・
どうも昼、夜逆転の生活を続けていると、グダグダな生活になっていきますね(^^;  なんとか昼間に確定申告だけは済ませることができたんですが、頑張って模型の製作も進めなければ・・・・。

当初は結構、勢いに任せてガンガン製作を進めてきたディザートザクなんですが、ここに来てそのツケが回ってくるっていうことがあったりします。 例えばこんなところ。
DSCF1797.jpg
メッシュで抜けている場所なんですが、本来なら穴を開けて裏からメッシュを貼って・・・・ってなるんでしょうが、ご覧のとおりの状態なんで、既に“裏から・・・”っていうのは至難の業となってしまいました。
パーツを取り付ける前に、先にそういった加工は済ませておかないといけないわけなんですが、勢いに任せて作業を進めると、後になって『どないしよう・・・』と悩むわけですよ(><)

というわけで、苦肉の策としてこんな感じにしてしまいました。
DSCF1806_20110223201812.jpg
右が加工前、左が加工後です。 つまり枠を彫り込んだだけという・・・・(^^;
だって他に手を思いつかなかったんですよ・・・・(T_T)
皆さんは“計画的な模型製作を”(^^)

我がフォンブラウンもブログランキングに参加させていただいております。
もしよろしければ、こちらをポチッとご協力ください。
↓↓こちらをクリックしてください!!
にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ
↓↓こちらもクリックにご協力ください
いつも忘れた頃に・・・・
いやぁ・・・・、昨日の夜は寒かった~(><)
というわけで、初めて発熱性?のインナーウェア(もちろんパチもん 笑)を買ってしまいましたよ。 今夜の仕事はこいつを着てやることにします(^^)V

さて、昨日は家にあるところから小包が届きました。 発送元は電撃ホビーマガジン編集部。
『はて? ナンジャラホイ???』
と思って開けてみたら、昨年のガンプラ王で予選通過した記念品でした。 
DSCF1798.jpg
電撃ホビーマガジンの付録で付いていた改造パーツのクリアー版キットです。
うーん・・・・、すっかりそんなこと忘れてました(^^;

せっかくなんでありがたく頂戴いたしますが、さてどうしたものか・・・・。
ていうかもう少し早く事務処理できないんでしょうか、電撃さん(^^;

というわけで、今年も参加を予定はしているものの、未だ全く手を付けていません(^^)
まぁ、まだエントリーするネタも決めてないんですけどね。

さーて、今夜もお仕事、行ってきますかね・・・・。

我がフォンブラウンもブログランキングに参加させていただいております。
もしよろしければ、こちらをポチッとご協力ください。
↓↓こちらをクリックしてください!!
にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ
↓↓こちらもクリックにご協力ください
モノアイ
今年の大阪は珍しく2回も積もるほど雪が降ったわけですが、とりあえず・・・・寒すぎ!!(><)
窓を開けて塗装をしないといけないモデラーにとっては、まだまだ厳しい時期が続きますね(T_T)

ガンプラを作っていて長年、論議のネタとされている1つがモアイの表現・・・・って言い過ぎ?(^^;
アニメでは『ブーン』と光ったりするんですが、基本的にはカメラのレンズなんで光りません(笑)
まぁ、それは“演出上”ってことでいいんですが、それを模型で表現するときに、どうやって再現するのか?
それこそ昔は1/100であろうと1/144であろうと黒く塗ったモノアイにピンク(←ここが時代ですね)で筆の先で丸く描くのが定番でした。 

しかし最近では『それは無いだろう・・・』ということで1/100のMGなんかではレンズをきちんと再現されていたりします。 とはいえサイズが小さい1/144スケールとかだと難しいんで(まぁ、できなくもないんですが・・・)付属のメタリックシールを貼ったり、別売りの改造パーツのクリアレンズを取り付けたりするのが主流のようです。
でも・・・・でもですよ。
それはそれで“取って付けた感”があるんで、個人的には抵抗があるんですよね(^^;
そこで最近はもっぱらモノアイをグロスブラックで厚塗りして、それでおしまい(ガラスのカバーの中は見えないっていう感じ?)っていうのが定番になっています。

とはいえ、それはそれで“魂が入っていない”感も無きにしもあらずなわけで、今回もどうしようか迷っています。
いっそのことモノアイレールでも彫り込んでレンズでも作ったほうが密度感が増してカッコいい???
さて、どうしたものやら・・・・。
DSCF1796.jpg

我がフォンブラウンもブログランキングに参加させていただいております。
もしよろしければ、こちらをポチッとご協力ください。
↓↓こちらをクリックしてください!!
にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ
↓↓こちらもクリックにご協力ください
次世代の電動工具?
気がつけば10日ほど更新できてませんでした(^^;
mixiと区別するために“模型関連のネタで”と思ってたら、コレが今、微妙な状況だったりラジバンダリ・・・・(←死語?)
まぁ、“結構イイカンジで作っているもの”なんかもあるんですが、公開をもうちょっと後にせにゃあならん事情なんかもあったりラジバンダリ・・・・ってもういい?(^^;

そういえば昨日は私の住む大阪にも何年ぶりかの大雪が降ったりしてえらいことになってたりしたんですが、大丈夫でしたか?  私はまたまた昨日の夜から夜間作業の仕事が始まりまして、またしばらく世間とは離れた時間を送る事になってしまいました。  昨夜はほんとに寒かったですよ、いやマジで・・・・(><)

と模型に関連する話が全く無いんですが(汗;、久しぶりに仕事で使う電動工具を新しく購入しました。
充電タイプのバッテリー式のドリルなんですが、私が今の現場仕事を始めた20年前はニッカド電池が全盛(っていうかそれしか無かった?)んですが、10年ほど前にニッケル水素タイプのバッテリーが登場したわけです。

これが高容量、ハイパワー、高寿命としばらく主流だったんですが、最近はついにリチウムイオン式のバッテリーが登場してきまして、現場の第一線ではニッケル水素は過去の物となりつつあります。 まぁ、今でも家庭用とかだとニッカド電池も生産、販売されてたりはするんですけどね(価格もそっちのほうが安いし・・・)
実はニッカドとニッケル水素は互換性がありまして充電器も共有できたんですが、新型のリチウムイオンは形状も変わって、これまでの充電器も使えなくなるという罠もあったりします(泣) 最近では互換性のあるバッテリーも登場したようですが、充電器だけは共有できないようで、微妙に新規導入への敷居は高いです(><)
ちなみに性能的にはCD-D→DVD-R→ブルーレイくらいの違いがあります。(ちょっと言い過ぎですが・・・)

というわけで今回、こんなのを導入しました。
DSCF1795.jpg
右が約10年以上修理しながら使ってきた使ってきたもので、左が今回購入したペンシルタイプと呼ばれるものです。 ちなみに折れ曲がっている部分をまっすぐにすることができます・・・・っていうか逆?

電池の方式以前にモーターのサイズが違うんで単純に比べることはできませんが、ちょっとしたことで使う分には、この小型のものでも充分っていう話もありまして・・・・(^^;

理想を言うとヘタッてきた古いニッケル水素バッテリーを新調したい(さらに言えば互換性のあるリチウムイオンにグレードアップしたい)っていうのもあるんですが、それは仕事のギャラと相談しながら検討することにします。

というわけで、今夜もお仕事、行きまーす!!

我がフォンブラウンもブログランキングに参加させていただいております。
もしよろしければ、こちらをポチッとご協力ください。
↓↓こちらをクリックしてください!!
にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ
↓↓こちらもクリックにご協力ください
あるやん!
私の住む大阪中部では、おかげさまで今年もほとんど雪は降っていないんですが、同じ関西でも京都や兵庫北部などではシャレにならないくらいに降っているところもあるようですね。 雪の影響で大幅に予定を狂わされている人も多いようですが、くれぐれも無理をされませんように・・・・(汗;

さて、先日のブログでネオジムのことを書いた際に、ピンセットにくっついて困るっていう話をしていたんですが、ありましたよ、くっつかないピンセットが!!
DSCF1793.jpg
プラスチック製のピンセットです。
100円ショップなどでも探していたんですがなかなか見つからなくて、今日、たまたまホームセンターの工具コーナーを見ていたらプラスチック製のものが売ってました。 ちなみにお値段350円也。
他にも同じく非磁性(磁石にくっつかない)のステンレス製のものもありましたが、お値段が1000円超えとちょっとセレブだったんで(^^)、今回はこちらをチョイスしました。 まぁ、ネオジムをつかむ時くらいしか使いませんからね(^^)

模型といっても模型専門店以外の場所にも“使える物”はあちらこちらにありますので、たまにはいろいろと探検してみてくださいね。

我がフォンブラウンもブログランキングに参加させていただいております。
もしよろしければ、こちらをポチッとご協力ください。
↓↓こちらをクリックしてください!!
にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ
↓↓こちらもクリックにご協力ください





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。